Milk- Press Conference‥

f0017012_21163936.jpgショーン・ペン演じるハーベィ・ミルクは実在の人物。1900年代後半、ゲイの権利のために戦ったアメリカの政治家で、彼の生涯を描いたミュージカルやドキュメンタリーは多いが、今回の「Milk」は政治家としての彼より、一人の人間としての彼を描いた作品。





ミルクは、アメリカではじめてゲイであることをカミングアウトした政治家。だがその政治家生命は1年と短く、庁舎内で同僚議員によって射殺された。
彼は自分の暗殺を予想していて、生前、いろんなメッセージを残しており、ゲイの人権運動の殉教者とされている。

ミルクのゲイの恋人、スコッティ・スミス役のジェームズ・フランコ
彼はこの作品の中で偽物のペニスをつけたそうだけど、それを見たショーンに、かれは小さいんだと冗談を言われてました(爆)
f0017012_21493748.jpg

f0017012_21494817.jpg

f0017012_2150260.jpg

クレーフ・ジョーンズ役、エミール・ハーシュ
f0017012_21545953.jpg

f0017012_21551439.jpg

ジャック・リラ役、ディエゴ・ルナ
f0017012_21582646.jpg

f0017012_21584063.jpg

f0017012_21585094.jpg


ミルクが殺されたのは、議員同士の意見の相違から。殺したダン・ホワイトはホモフォビアだったわけではなかったらしいのですが、彼の弁護士たちが裁判の時に、ゲイに理解ある陪審員を入れなかったことで怒った同性愛者たちの激しいデモ活動が起こり、ホワイトナイトの暴動と言われる騒ぎに突入する。
ミルクのメッセージ通り、彼の死はゲイの人々をクローゼットから引っ張り出す(カミングアウトする)原動力になったと言われています。

  by kiriko_b | 2008-10-31 22:00

<< Nick Cannon & M... Corey Feldman‥ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE