<   2005年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

AlyyさんのHP‥‥

を探して下さったかたがいました。感謝
なかなかしっかりした体格の方ですね。
しかも、立派な胸毛というか腹毛?(笑)
身長182センチとあまり長身ではないのですが、seanといい勝負。
1968年生まれですから、9歳下ということですね。
いい感じですね。って、何を考えているんだ、お前。
はははっ。だって、リチャードとどう絡んでくるのか、気になるじゃないですか。
今回舞台が印度ということもあって、コスチュームも興味ありますね。
ライフルチームはともかく、回りの方々がゴージャスだといいなぁ。
マハラジャなんか出てきたりしないのかな。
金ぴかのベッドルームに引き込まれたり‥‥アリ?(自滅)

  by kiriko_b | 2005-11-30 18:42 | news

元気そうですね‥‥

インドの豆さん。
sean-soxさんに、大きな画像が出ていますね。
コンプリさんのとこに出てたのと同じものだと思いますが、大きい画像で見ると、豆さんの表情もよく分かります。
なんか、気むずかしい顔していますが、大丈夫かな。
ところで、seanの隣におられるインドの俳優さんが、Alyy Khanさんでしょうか。豆さんを一杯のビールと、みんなで寛ぐことを愛する素晴らしい男だと評していますね。そうなんですよ。豆さん、男どもにはどこでももてもて‥爆

大きなセットも、以前見たときには、まだ土台?って感じだったのが、随分出来上がっております。
なんといっても、例の白いブラウスなのが、嬉しいです。
私は実は、グリーンジャケットより、このハイウェストのズボンと白いブラウスっていうのが、好きなんですね。
なんか、たっぷりした生地でできたブラウスって、子供っぽくて可愛いじゃないですか?
そう言えば、スカパー!の本シリーズも今週ですよね?
わおっ!!なんかどきどきしてくる。(笑)


おおっと、訂正‥
Alyy Khan氏は、インド出身、現ロンドン在住の俳優さんでした。
東インド会社の騎兵隊の将校の役らしいですねぇ。
でも、この方は英国に移住してしばらく、行方不明だったそうですが、なんか、ミステリアス‥‥‥
若くてハンサムさんの彼、ちょっと気になりますねぇ。
しかも、豆の隣に座ってるし‥‥(だがら、何?笑)

  by kiriko_b | 2005-11-29 18:42

偉大な人生だったなぁ‥‥

と、思いました。
まだ、フレディに浸りきっている管理人です。
いままで、曲は聴いていても、彼の人生とか曲の歴史といったことに関心がなかったのですが、ちょっと調べてみたら、すごい人だったんですねぇ。
今、QUEENの最後のオリジナルアルバムと言われている「MADE IN HEAVEN」を聴きながら、これを書いています。
ボーカルとして最高峰にあったと言われる晩年のフレディの声を中心に、新たにリメイクしたものだそうですが、病魔に冒されていたと思えない伸びのある高音に、ほれぼれしています。
でも、このレコーディングをしている時には、もう、彼は文字通りヘブンの住人となっていたのかと思うと、切ないですねぇ。
このアルバム自体も発表されたのは10年前なのですが、ちっとも古さを感じさせないサウンドです。
私はあまり音楽に詳しくはないので、精通しておられる方には、いろいろ突っ込み所もあるのでしょうけど、私には彼の生き様と共に、素晴らしい作品に思えます。
80年代半ば、フレディがエイズであることを公表した時には、センセーショナルなことだったんだろうと思います。
当時の事情など、よく覚えてはいないのですが、エイズが騒がれ出したのがこの80年代の初頭だったというから、彼が公表したころはまだ、大変偏見の多い病気だったのじゃないかな。
それを思うと彼も彼の周囲の人達もすごい偉業を成し遂げたんだなぁと思わずにいられません。
このアルバムの中に、マザー・ラブという曲があるのですが、彼が最後にレコーディングしたのがこの曲だとされてるです。この歌詞の中にどきっとするフレーズが幾つかあるのです。
「I want is the comfort and care 欲しいのは、安らぎと思いやりだけ‥」
「my hope is gone 希望は消え去った‥」
「I long for peace before I die 死ぬ前に安息が欲しい‥」などなど、来るべき死を予感した歌詞とも思えますね。
このアルバムがフレディの死後4年もたって製作されたのは、彼の死をメンバーの一人一人が受け入れ消化するのに、それだけの年月が必要だったと言われています。それほど、フレディの存在は大きいものだったのでしょう。

  by kiriko_b | 2005-11-28 18:47 | music

どっぷり浸っていました‥

どっぷり浸っていました‥‥

フレディ・マーキュリーにですがね。
久しぶりに彼の声を堪能しています。やっぱりええですねぇ。
私の青春の日々が甦りますです。(普段は風化しつつあるけど‥)
私は凄いファンというわけではなかったので、ベストヒットに入っている曲ぐらいしか知らないのですが、
「I Was Born To Love You」とか、「Made In Heaven」「Living On My Own」「The Great Pretender」なんかが好きです。
あの厚い胸板から張り上げるように歌う高音がいいですねぇ。
若いころのQueenでは、ウィ・ウィル・ロック・ユーとか、ウィ・アー・ザ・チャンピオンとか、ドント・ストップ・ミー・ナウなんかは世界中が知っている曲ですよね。
名作が沢山あるなぁ。
このころはクィーンの名前と曲を知っていても、マーキュリー自身は全然興味なかった。やっぱり、短髪になってから意識したのかなぁ。

  by kiriko_b | 2005-11-27 18:50 | music

PCが‥‥


調子悪いの‥‥不安
突然電源が落ちて、しばらくは何の反応もなくなるというのを、何回も繰り返しています。
取りあえず、いつ、ダウンしてもいいように、バックアップだけはしておきましたが、突然、再起不能になるかも‥‥
今、壊れられるのは困るわぁ
新しいPC買う余裕が‥‥



昨日はフレディ・マーキュリーの亡くなった日だったんですって。
クィーンのメインボーカルで、自らエイズであることを公表して、告知から5年1991年に亡くなったのですが、最後まで曲を作り続けていましたね。4オクターブの声が出るといわれていましたが、本当に音域の広い方でした。
いい曲がたくさん残されています。今でもファンの方は多いんじゃないかな。私も好きですし。
私の知っている彼は黒い短髪で髭の、ちょっと濃い顔のいい男でしたが、70年代は長髪だったそうです。
そのころの写真をみたことがありますが、やっぱり短髪の方がいいなぁ。
という訳で、今日は彼を偲んでクィーンのアルバムでもレンタルして帰ろうかなと思います。
さて、残業時間5時間を越えました。私もそろそろ帰りますよ~。

  by kiriko_b | 2005-11-25 18:54

マイ プログ‥‥

もともと、非公開でサイトの日記に書き綴っていた事柄を、一部抜き出して別プログにしてみました。
タイトルのスペル間違いではありません。これは私のフィールド。
でも同音の映画も、とても好きな作品です。
そのうち、映画メモのプログの方にも入れようと思っていますが、ここに描かれている男たちの友情が熱いです。
華々しいものは何もないのですが、最後の二人のシーン。
シャンバーグ「Forgive me?(オレを許してくれるか?)」
プラン「Nothing to forgive, Sydney, nothing.(許すことなんてなにもないさ‥)」
というセリフとイマジンの曲とどれも私に強い印象を残すものでした。

お互いに必死で生きてきたから言える言葉ですね。
こういう空気がすきなんです。
私の主人公たちも、そんな風に言えるようなお話を書けたらと思います。
お話の方は、別裏サイトでお会いしましょうね。

  by kiriko_b | 2005-11-24 14:20

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE