<   2006年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

辛口モリッシー‥

f0017012_18354829.jpgつい先日、sun紙にアークティック・モンキーズの成功について
「早すぎる。彼らには実績がないじやないか。70万枚売ったからって、手放しで喜ぶことじゃない。」
と辛口のコメントを載せたモリッシーが、今度はピート・ドハティの堕落はケイト・モスのせいだと、言っているようです。

画像は3月27日、NYでソニー・ピクチャーズの「Basic Instinct 2: Risk Addiction」のプレミアにシャロン・ストーンと出席したモリッシー。

More

  by kiriko_b | 2006-03-31 19:28

ヴィクター・ウィリスって、覚えている人いる?‥

3月27日のロイターの記事。
元ビレッジ・ピープルのボーカル(ビレッジって、全員ボーカルなんだよね、確か)ヴィクター・ウィリス(54)が26日逮捕されました。
ヴィクターは麻薬・拳銃所持の容疑で審議中、逃走していたそうですが、発見され再逮捕されたそうです。

More

  by kiriko_b | 2006-03-29 17:28

クルーニー、撮影順調‥

f0017012_2023341.jpgf0017012_2017413.jpgNYで、新作「Michael Clayton」の撮影中のジョージ・クルーニー。
撮影は順調のようで、撮影の合間にファンと写真をとったり、サインも快く答えているようですよ。いいなあ、NYっ子。

More

  by kiriko_b | 2006-03-27 20:40

テーマは、人と人との「クラッシュ」‥

f0017012_2532810.jpg娯楽作品としては、これもありかなと思いました。
ですがこれが作品賞としてオスカーをとった、と思うと少々がっかりです。
人種のるつぼLAが舞台だけあって、あらゆる人種問題が描かれています。なるほど人種問題はアメリカの弱点なのでしょう。このテーマ性だけでオスカーが獲れたのかも‥。と思ってしまうほど、作品としてはインパクトが薄いです。そう思うのは私だけでは、ないのじゃないかな?

差別はお互いの意識の中にある。
決して一方的に差別されているのではないのだということを言いたいのでしょうか‥?
誤解と勝手な思い込み。これはすべての人間関係においていえることです。人間は、自分の秤でしか物事を計れない。お互いの誤解の上に人々の営みが続いていくのだということを、改めて考えさせられました。

ちょっと、ネタばれしてるかも‥

  by kiriko_b | 2006-03-26 03:27 | cinema

最近のジュード‥

f0017012_18272953.jpgf0017012_18212084.jpg3月22日、ロンドンのクラブを出たところでキャッチされたジュード・ロウ。
一人なのは珍しいと思えるほど女性との2ショットをパパられていたジュードですが、やっぱり、いい男ですなぁ。(生え際の後退は心配だけど‥それでも、やっぱり素敵、笑)
いつも頸に巻きつけている細折のタイは、誰かに束縛されたいという気持ちの現れなのでしょうか?(爆)

More

  by kiriko_b | 2006-03-24 18:30

mummy's boy のBig present‥

f0017012_23425470.jpgシェイン・ワード(21歳)がママのために家を探しているという記事が以前ありましたが、いよいよプレゼントしたようですね。
「母の日がシェインのママのために早く来た」というニュースが出ていました。
mirrorによると、
英国のオーディション番組The X Factorの昨年の優勝者で、chart-topping star の彼は、最初の収入をママの家のために 使用したそうです。
ふふふ、mummy's boy なんて書かれてますね。
まさか、もちろん、ミイラ少年なんかじゃないですよね。(笑)

彼はLAで彼の次のシングル No Promises のレコーディングをしています。そして、彼の家族と友人がほれ込んでいたマンチェスターの家を逃したというふりをしました。

More

  by kiriko_b | 2006-03-23 00:24

ネトサバトンだそうです‥

Directer's Chair様からまわってきたバトンです。
昨日チョンボした分、まだお仕事終わりません。
仕事中になにしてるんかぁってことですが、気分の切り替えにネットはいいカンフル剤ですよ。

More

  by kiriko_b | 2006-03-21 21:04 | etc

イニスとジャックの物語‥

f0017012_17302499.jpgさ~て、ブロークバック・マウンテンの訳本を読みまして、自分の捉え方で間違ってなかったなぁと、ニンマリしている管理人です。
そういう意味ではアン・リー監督は原作に忠実に作品を撮ってくれたようです。
難をいうと、配役はもう少しダーティーな人選でもいい気がします。
特にジャック役のジェイクは本人の育ちの良さが出てしまって、本来のジャックの粗野で陽気で夢見がちな危うさが十分に表現されている気がしません。
でも、腐女子的にはとてもいい人選だと思います。(笑)

ネタバレしますよ~退避して下さい(爆)

  by kiriko_b | 2006-03-21 17:43 | cinema

お詫び‥

管理人の個人的な問題ですが、(PCの調子が悪いので~す)更新が途絶えがちになるかも
です。極力チャンスを見ては更新する予定ですが、復旧にどれくらいかかるかわかりません。(資金難のため‥(T T);;;うるうる~)
チラ見してくださっている皆様、しばし、失礼いたします~vv

  by kiriko_b | 2006-03-19 19:33 | etc

不器用な男たちの、切ないラブストーリー‥

f0017012_15342715.jpg昨日見てきました。アン・リー監督の話題作「ブロークバック・マウンテン」
監督は以前インタビューで、ただ、ラブストーリーを撮りたかっただけだ。と、語っていましたが、その通りの作品でした。
監督自身、低予算のこんな作品で世界を狙えると思っていなかったとおっしゃってしましたが、予算では内容は図れないものです。
ヒース・レジャー(イニス)とジェイク・ギレンホール(ジャック)の二人の俳優の、ナイーブな演技がとても好印象でした。
それに、彼等の妻たちを演じるミシェル・ウィリアムズ(イニスの妻アルマ)とアン・ハサウェイ(ジャックの妻ラリーン)も、難しい役どころを見事にこなしています。

More

  by kiriko_b | 2006-03-19 16:25 | cinema

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE