MEGADETH‥‥

初めて彼らのサウンドに接した時、鳥肌がたったのを覚えています。
それまで、まったりとした16ビートの世界ばかり聴いていたのですが、スピードと激しさ、怒りと情熱。破壊の上の破壊‥
丁度自分自身にも行き詰まりを感じる年頃で、粋がりたい時でもあったので、すっかり自分もワルの顔をして歩いていたものです。(笑)

今思えば、親はどんな気持ちで娘を見ていたのでしょうねぇ。
いい年をした娘が鋲打ちのつなぎに、じゃらじゃら鎖をぶら下げていましたからね。
小柄な私では様にならないのですが、本人はすっかりその気でした‥(爆)
ヘビーメタル全盛の時期でした。
その頃は米国に激しく憧れていて、いつか行くんだって思っていた。(笑)
でも、実際は気が小さい方で、とてもメガデスのライブなんか行けなかったと思う。自分にないものへの憧れですかね。

私はもちろんデイブのファンでした。
まわりからは、怖いと評されていましたが、彼が顔を歪めて歌うところが、なんか可愛く思えていました。
彼自身アルコール依存症にマリファナやLSD、クラックの常習者で、めちゃくちゃでしたが、世の中がドラッグの恩恵を受けていた時代でもありましたね。
彼らが日本公演するって時は興奮しましたけど、見かけによらずシャイだったので、追っかけができなかった。
ヘビメタの追っかけなんて‥ふんって顔して追っかけの子を見てたけど、本当は羨ましかったですね。

彼らとドラッグは切り離せないものですが、当時、日本では今ほどドラッグが当たり前ではなかったので、ひょっとしたら私は救われたのかも‥‥
今はすぐに手に入るので困りますね。ちょっとした挫折でも、すぐ手を出したくなるでしょ?でも、挫折は若いころにはつきものですものね。
私は特別な人間ではなかったし、フツーの地味な女子だったし、それでも酷く落ち込むことはありましたからね。
それにしても、私がヘビメタに惹かれたのは、今ならよく分かります。
だって、ゲイ臭がぷんぷんするじゃないですか‥‥爆
ライブなんて精神的SEXそのものですよねぇ。



某レンタル店様がアルバム5枚で1000円のキャンペーン中だったもので、思い出の曲を幾つか借りてきたのですが、このごろ昔のことが何かと懐かしく思われる管理人です。
これって老化してるってことかしら‥‥(爆)

  # by kiriko_b | 2005-12-05 18:32 | music

Hey Het Monkees‥‥

本当に懐かしい映像を見ました。
しかも、メンバーの最近のインタビューも収録されていて、私としては大満足。
モンキーズのTVシリーズは、米国では発売されているそうですが、わざわざ取り寄せてまで見るつもりはなかったので、日本向けに紹介されたDVDをちょっとみてみました。
モンキーズの結成からその活動などを紹介したDVDなのですが、嬉しいのはその後メンバーひとりひとりがちゃんとお仕事していること。
なにしろ結成されてあっというまにヒットチャートのTOPへ行き、人気番組を作り、また、あっという間に解散した。ファンにとっては、一気に時代を駆け抜けた観のあるグループでしたからね。
その後もメンバーが活動を続けていたというのは、嬉しい気がします。

このグループもビレッジ・ピープルも米ならではのグループでしたね。
企画として売り出すために全米からオーデションで集めたメンバーでグループを結成する。
特にモンキーズは、ビートルズを意識して、あらかじめそれぞれの役柄というものがあって、それに合うメンバーを募ったという曰く付き。
初めからコメディのTV番組を造ることを目的とされていたので、音楽が出来るだけでなく、コメディアンでなくてはいけないのですね。
中でもピーターが一番のボケ担当だったのですが、DVDの中で、メンバーの言葉として、
「彼が一番大変だった。なにしろ本人と役柄とのギャップがありすぎた。」
というような事が語られているように、面白いことに、役はTV上のことだけでなくて、実生活にもその役割を求められたのですね。
つまり、曲も番組も日常もスターとしての全てをプロデュースされていたのですよ。
もちろん、そんな無理なことは長くは続くことはありません。
それぞれ考えも方向も違うメンバーを集めてアイドルを演じているのですから、結局自分本来の道をいうものを意識し始めると、やはり解散ということに行き着くわけです。
でもその間のヒット曲も含めて、ファンにとってはいい夢を見せてくれたバンドでした。

笑っちゃうのは、今見ても彼らはロン毛とはいえない程の髪なのですが、当時、長髪は罪悪として、世の大人達にはしばし渋い目で見られたそうです。
でも、やっていることはコメディであり、曲やステージも過激な物はなかってので、すぐに受け入れられるようになったようです。
私にとっては、ビートルズよりも身近なロックサウンドとの出会いでした。本当に懐かしい。ぐっと小さいころの思い出が甦る作品でした。


********************************


今日は、一日QUEENのアルバムを聴きながらお仕事していました。
DVDではなくて耳からだけ聴いていると、フレディの声がスティーボーに聞こえてきた管理人です。(純正QUEENファンの方には、絶対顰蹙かった一言)
この二人は骨格がにていますよね。(再び、顰蹙かった模様‥‥汗っ)
今日は残業はしませんよ。ぜ~ったい5時に退社する予定‥あくまで予定ですが(何故か弱気、笑)
ところで、「悪魔の棲む家」がリメイクされたんですね。
1月公開だそうです。ベイやんの制作ですよ。ちょっと期待してもいいかな‥‥

  # by kiriko_b | 2005-12-04 18:34

ふう、なんとか‥‥

ちょっとほっとした。

12月に入ると、急にクリスマスムードが高まってきますね。
昨日は仕事帰りに、我が家の姫のためにホリディスィートカレンダーなるものを購入しました。(本当は、自分が欲しかっただけ‥)
クリスマスまでの日付の蓋があって、毎日一つづつ蓋を開けると、お菓子が出てくるというものです。
我が家でも、クリスマスというのは、一年で一番大きなイベントになるわけで、ささやかながら、夢を壊さないような演出を心がけています。
日頃、母親失格なので、せめてもの愛情表現。自分も楽しいし、一石二鳥です。(結局、自分が楽しんでいるだけじゃん‥笑)

さて、サイレント~の画像か少しだけ出てきていますね。
ゲームをされた方には、どんな場面だったか、想像がつくのでしょうか?
なんだか、防塵マスクみたいなものをしなくちゃ行けないところに行ってきたようですけど‥
ゲームを知らないので、全く想像もできません。
ゲームは怖いということですが、映画の方はどうなのでしょうね。
今日は、#e解禁日?
来週からの展開が気になりますね。

  # by kiriko_b | 2005-12-03 18:35

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE