ユアンとイヴ、手を繋いで到着‥

ユアン・マクレガーとイヴ・マヴラキスは5月24日、国連親善大使としてロンドン、ダウニング街10番地を訪れました。
この「ダウニング街10番地」とは、いったい何?と、検索してみましたら、なかなか歴史の深い場所でありました。英国の首相官邸があって、政治の中心的な場所らしいです。
ちなみに、ブレア首相はここが手狭ということで、実際には、おとなりの11番地の蔵相公邸の最上階に住まわれているそうです。



ユアンとイヴは、今年4月にモンゴルからの養女(4歳)を迎えたことを公表していますが、詳しいコメントは今だないようですね。彼らにはすでにエステル(4歳)とクララ(1歳)という子供がいるのですが、東洋系あるいは第三国からの養子を迎えるというのは、いまやセレブのステータス。
たしかにいいことではあるのですが、同じ東洋系のものとしては、そういう眼で見られていることになんか、複雑な気がするなぁ。
欧米人からみると、東洋系の女の子は、すごく可愛いのだそうですけどね。
f0017012_20562746.jpg

f0017012_20564277.jpg

f0017012_20565613.jpg

f0017012_205712100.jpg

この日は親善大使ということもあるし、奥様連れということもあってか、ずっと大人な感じのユアンでした。

  by kiriko_b | 2006-05-25 21:00 | ewan

<< "Over the ... マドンナ、世界へ向けてパフォー... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE